東灘区に住みたい!
東灘区に住みたい!

実業家らが育んだ東灘のモダニズム

NEW! 新着記事

東灘区と阪神間モダニズム

東灘区の歴史

大阪と神戸に挟まれた六甲山を背景とする阪神間は、明治時代の鉄道開通とともに大阪商人たちの別荘地や郊外住宅地として発展。大正時代から昭和初期にかけ、西洋文化を吸収したライフスタイル「阪神間モダニズム」が築かれました。阪神間が優れた住宅地として発展した起因は大きく2つ。1つは明治7年に鉄道開通による住吉駅の開業。もう1つは明治30年代中期頃から、工業化の進展で大阪市の住環境が悪化し、大阪の富裕な企業家・実業家らが御影や岡本、芦屋の郊外へ移住し邸宅を築いたことが始まりです。

指定のalt

東灘に邸宅を構えた実業家たち

1900年(明治33年)頃に朝日新聞創業者・村山龍平が御影に数千坪の土地を取得。住友銀行初代支配人・田辺貞吉らも住吉村に2,000坪を超える土地を取得しました。御影・住吉の住環境の良さに注目した阿部元太郎(後の日本住宅株式会社社長)は、住吉村観音林、反高林の住宅開発に着手し、分譲した土地の一部を後の東洋紡績社長・阿部房次郎が取得しています。
そのほかにも、東洋紡社長・小寺源吾邸、鐘淵紡績社長・武藤山治邸、日本生命社長・弘世助三郎邸、住友本邸など、当時の日本経済を牽引する紡績会社や商社の社長の私邸、住友家関係の邸宅などが点在していました。
その後の空襲などで失われた邸宅もありますが、阪神間モダニズムを今に伝える建築物がいくつか残っています。それらはみな個性豊かで風格ある邸宅ばかり。有名な建築家が設計したものも数多くあります。

指定のalt

武田資料館(銜艸居・旧武田家住宅)

武田資料館

武田薬品工業の6代目会長・武田長兵衛氏の邸宅で、英国風のハーフティンバー・スタイルの洋館です。正式名の「銜艸居(かんそうきょ)」は、薬業にゆかりの深い家として中国の古典から名付けられました。「銜艸居」の他に「京都薬用植物園」や「杏雨書屋」などが関連していますので、もし興味のある方はそちらも調べてみて下さい。

住所:神戸市東灘区住吉山手4丁目8-19

指定のalt

乾新冶邸(旧乾邸)

乾新治邸

乾汽船株式会社を設立した乾新治氏の邸宅です。阪神間モダニズムを象徴する大邸宅の風格が伝わります。建物や土蔵、庭園も十分ですが、邸内の重厚感あるインテリアは圧巻。神戸市指定有形文化財・指定名勝の旧乾邸。この内部は神戸市による特別観覧に応募・当選したら見学できます。

住所:神戸市東灘区住吉山手5丁目1-30

指定のalt

教育や医療機関の整備などで地域に貢献

灘中学校・高等学校

実業家たちは、教育や医療機関の整備、地域コミュニティの構築などにも尽力し、積極的に地域貢献を行いました。1911年の甲南幼稚園設立を皮切りに、甲南学園を開校。また、御影に邸宅をもつ白鶴酒造の社長・嘉納治兵衛らによって灘中学校が創設されました。
郊外住宅地である東灘は趣味豊かで生活を楽しむ富裕層らによって、新しい文化やライフスタイルの基礎が築かれました。茶の湯などの日本の伝統を重んじつつも、西洋の生活様式を吸収する新しい日本のライフスタイル。モダンなファッションや娯楽、ホテルライフなどが日常となる一方で、芸術や文学が育まれ、子どもの教育が重視されるなど時代を先取りしたものでした。

東灘区に住みたい!
東灘区に住みたい!

豊かな自然と歴史に育まれながら、独自の産業や文化を築いてきた東灘区。交通アクセスに優れ、かつ落ち着きある街並みは、誰もが住みたいと望む憧れのエリアです。多彩な魅力をもつ東灘区をご紹介しましょう。

Copyright@東灘区に住みたい!